池袋の出会いカフェキララの口コミ

池袋と渋谷の出会いカフェを比較

渋谷と池袋の出会いカフェを比較してみた。

池袋,出会いカフェ,キララ,キラリ

渋谷と池袋の出会い比較ということで、渋谷から少し足を伸ばして池袋に遠征。場所はキラリの競合であるキララカフェという所。HPなどをみると写真がバンバン貼ってあって中々よさそうだったのだが、まずはちょっと入り口が暗く怪しい感じ。

 

階段の奥にはエレベータがあり、3階まであがると、薄暗いカウンターがあります。この辺はキラリがいかにも「お水系」というのとはちょっと違って、よりアンダーグラウンドな雰囲気である。

 

続いて受付。入店料・入会料・トーク+連れ出しまで含めて新規は6000円ということでコミコミプランなるものを購入。するとカードをもらえる。

 

カード見開き方になっており、スタンプを集めると割引が発生するというシステム。その際確認事項は住所と名前だが、これはある程度適当でもOK。その後携帯番号の確認が義務。

 

中に入ると椅子がカウンター越しに3つほど。後はテレビがあり、その下の本棚に雑誌があるだが、モモカフェと同じように女性登録者の写真付きアルバムがズラリと並んでいる。

 

正面にマジックミラーがあり、そこから女の子が見えるわけだが、女性はソファー席であり、ミラーからの距離が遠いため、ちょっと判別がしにくい。

 

キラリの場合は女の子との距離は1メートル位なのだが、キララは3メートル以上離れている。

 

続いて、プロフィールの記入。名前・趣味のほか何をして遊びたいのか?などを書くわけだが、ここでも注目すべきは初めに相手への心づけとしての料金欄があり、3000円,5000円,それ以上の三つから選ばなければならない。

 

続いて指名。とりあえず近くにいた女の子を指名してみると、お兄さんが別室に案内しくれる。

 

カーテンをくぐってちょっと行くと、小さい仕切りになった場所にパイプいすが2つ並びそこで交渉となる。ちなみに、ここでも大きな違いはキララの場合は指名できるのは一回限り。二回目は無理なので、気に入ったら一発で選ぶ必要がある。
話がまとまったら、退出料金をカウンターで払う。3000円なのでキラリよりもう少し高い。

 

 

 

 

 

 

 


キララカフェに潜入してきた時の写真。時間帯は昼間〜夕方までだが、20代位の学生・フリーターが中心。特徴としてはアルバム女性を比較できるところ、キララプレミアムというのに入ると、その写真の女の子を呼びだしてくれるところなどが多い。ちなみにデートクラブに近い相場3万〜だろう。

 

                   【正面入り口】

池袋,出会いカフェ,キララ,キラリ

 

となりのコスプレしゃぶしゃぶも気になるが(笑)潰れてしまったとのこと。

 

                   【エレベーター 】

池袋,出会いカフェ,キララ,キラリ

 

                   【店内の様子】

池袋,出会いカフェ,キララ,キラリ

 

続きを読む≫ 2012/10/16 11:07:16

ホーム RSS購読 サイトマップ
彼女を作るテク